DMPについて今さら聞けない大人へ贈るDMP解説

computer

データの収集能力

IT

DMPの三大要素の一柱、データストレージ。このシステムがすべてを支える魅力的な能力です。一企業だけでは成し得ない膨大なデータベースは企業にとっては宝の山になるため、詳しい知識を得ることが大切になります。

今更聞けないシステム解説

PC

現在多くの企業で導入や、導入検討をされているDMP。正式名称をData Management Platformと言います。直訳では、データ「情報を」マネージメント「管理する」プラットフォーム「土台や足場」と言われています。これだけでは何かよくわからない人も多いことでしょう。企業として導入する必要があるけど言われてもよくわからないIT用語DMPですが、その能力は企業においてかなりの宣伝広告の効果を発揮することができるシステムです。今更聞けないDMPについて考えてみましょう。
まず、DMPとは何か把握する必要があります。なんとなく知ってる気でいるだけで、そんな不確かな物を導入できるとは思えないことでしょう。DMPの能力としては、3つの要素で語ることが可能です。第一の能力が「データストレージ」の能力です。情報の収集、管理で膨大なデータを管理しているスーパーな記憶力とでも考えてください。そして第二の能力は「アナリティクス」。その膨大な情報を管理し統合、把握をするアナリストのお仕事ができます。そして第三の能力は「チャネル」と呼ばれる能力で、これは統合把握した膨大なデータや情報を活用する力です。DMPの活用にはその3点の要素を利用できる利点があるのです。この説明でなんとなく、DMPのシステム自体の動作パターンを知ることはできたことでしょう。「情報を集める」「まとめる」「使う」の3点です。しかしこれなら自社でもできるのではないかというのは大間違いです。この3点における各フェーズを理解するとDMPを利用せずに、自社で人材を確保して行なうことは難しいものです。

アナリティクスの機能とは

PC

DMPの三大要素の一柱、2つめはアナリティクス。情報の統合を行なう機能ですが、それだけ言われてもやはりピンとくる人は少ないでしょう。アナリティクスができるのは、優れたシステムのおかげなのです。

チャネルの重要性

IT

DMP三大要素で最後の一柱、チャネル。この機能が宣伝広告の効果を大きく引き上げてくれます。今までの効果のない宣伝から、効果的な宣伝を打ち出すことができるようになったのはチャネルのシステムが実装されたからです。